宮古島パワースポットNo1!神秘が宿る絶景大神島へ行こう!

  • LINEで送る

「自然の神様がいる島」と言われる大神島は、様々な伝説が伝えられているように「島を大切にする神様の思い」がたっぷり詰まった「聖域」(パワースポット)です。
宮古島からは定期船を使ってしか行けませんが、ぜひ、訪れて欲しい場所のひとつです!!
豊かな自然のパワーを全身で浴びてみてください♪

1. 自然の神様に愛された大神島 5つのViewPoint!

1-1. 遠見台から見た絶景!

遠見台から見下ろすカミカキス
遠見台(トウンパラ)は標高74.5mの丘で展望台になってます。
360度見渡せる海の色は東西南北で全く違う色を見せてくれます。こちらは遠見台から南南東の方角で、カミカキが見下ろせます。不思議なサークルになっていますよね♪
遠見台から見た絶景池間大橋
宮古島と池間島を渡す池間大橋も見えます!
またタイバーで有名な八重干瀬(やびじ)まで望めます!
透き通った海の下のサンゴ礁群で海の色が様々なグラデーション作ってます!!

BGM:Copyright(C)Music Palette

1-2. 神秘的なサークル!カミカキ

カミカキス
透き通ったエメラルドの海に自然にできた大小の岩のサークルは、どの角度から見ても神秘的で、いつまでも眺めていたくなります♪

チエック!

大神島多目的広場

カミサキの前には大神島多目的広場があり、屋根付きでテーブルと椅子が設置してある建物があるので、心地よい潮風に吹かれてひと休みできます。公衆トイレもありますよ!

1-3. でーんと構えたの巨大ノッチ(奇岩)!

漁港近くの巨大ノッチ
漁港の東隣は波が荒くないのか?ノッチ(奇岩)の削られている割合が少なく、大きな岩がひしめき合っています!
ノッチの奥先に見える海の色がまた言葉に表せないぐらいきれいです♪
赤い灯台もアクセントに!!
写真で表せないことが残念。。。

1-4. 白浜とミヤコブルーの絶景コントラスト!

白浜とちゅら海
大神漁港から周回道路を西側に進むと東側とは全く違う世界へ!!
タカマ・カーキヌバー・マウケ・パマサスと続く真っ白い砂浜が続いてます!
サンゴが砕けたあとなのか?ゴツゴツした砂です。

白浜とミヤコブルーのコントラストもとってもきれいです♪

1-5. 島の北端にあるきのこ型ノッチ!

パマサスの海岸から見たノッチ

パマサスの先、島の北端にもノッチが点在して並んでます!
こちらは風も強く波も荒いのか? 下が削られキノコのような形が多かったです。
そのうちに倒れてしまうのでは・・・

チエック!

5つのビューポイントを見るだけでしたら、約100分あれば充分です♪

 

2. 大神島への定期船案内!

島尻漁港
大神島に渡るには、宮古島の島尻漁港よりの定期便が出ています。
写真は島尻漁港の定期船乗り場で、右側が切符売り場です。
往復チケットを購入したのですが、行きの便で帰りのチケットも先に切られてしまいました(笑)

島尻漁港から見える大神島
島尻漁港から見える大神島が見えます!乗船時間は10分とあっという間に着きます!

スマヌかりゆすの船内
旅客定員30名。バリアフリー設計で、車いすにも対応しています。
ゆったりした椅子の腰かけるには早めに到着して乗り込んだ方がいいですよ♪

スマヌかりゆす@大神漁港

大神島ワンちゃん

大神漁港に到着したスマヌかりゆす!
ほとんど揺れませんでした!
毎回、浮桟橋までワンちゃんが迎えに来てくれます♪

宮古島定期便 時刻表
※2016年撮影当時の時刻表

大神島~宮古島定期便
1日5往復(約5.5km)
<船名>
スマヌかりゆす
※「スマヌ」は「島の」、「かりゆす」は「縁起がよい」、「めでたい」という意味だそうです。
<所要時間>
約10分 
<料金>
片道:大人350円、小人180円
往復:大人670円、小人350円
※天候や時期により出発時刻が変更になる場合があります。

島尻漁港
<Address>〒906-0000 沖縄県宮古島市平良島尻6
<Tel> 0980-72-5477 大神海運 時刻表
空港から車で約30分

3. 遠見台への行き方!

おぷゆう食堂!

島唯一の食堂「おぷゆう食堂」横の坂道を登って行きます!

池間大橋 遠見台矢印
民家の小道をを矢印通りに進むと看板が出てきます。
近くには井戸がありましたが、使われていないようでした?
ここではネコさんが迎えてくれました♪

スイジュガイ

チエック!

宮古島では家の前にスイジュガイを置いているのを見かけます。
「水」の形をしていることから、火災から家屋を守ってくれる魔除けだそうです。

遠見台入口
ここから木製の階段が展望台まで約84段続きます!
ゆっくり歩いて約5分ほどで登れましたよ。

大神島
あともう少しというところで、振り返ってみてください!!
何とも言えないミヤコブルーの絶景が見れますよ♪
大神漁港から遠見台までゆっくり歩いて約20分弱かかりました。

4. 遠見台からカミカキへの道のり!

カミカキスへの道のり
遠見台から井戸のところまで戻って降りて来たら、左の小道に進んでください。
畑を通り過ぎると、緑に囲まれた遊歩道が続いてます。
日差しは強いですが、風が気持ちいいです♪

大神島多目的広場前のの階段
最後に階段を下りると大神島多目的広場に到着です。
遠見台からゆっくり歩いて約10分程です。

5. 大神島聖域。島のルールを守りましょう!

「島を大切にしたい」という思いが自然に湧き出す…そんな魅力を持った島なのです。
だからそんな思いの詰まった「島のルール」はしっかり守ってください。

【大神島聖域】
 ・島の神祭行事の日には立ち入り禁止区域がありますが、島に入島は可能です。
 ・聖域はみだりに入ることが禁止されています。
 ・島の自然を壊したり持ち帰ったりしてはいけません。
 ・遠見台の岩は神様の岩です。登ってはいけません。

6. 大神島 マップ

大神島マップ

チエック!

大神島のおじいによる観光ガイドツアー
もっと大神島が好きになるかも!!

大神島
<基本情報>
宮古島から4キロに位置している人口29人(2015年現在)のピラミッドを思わせるような形の小さな島です。
<Tel>
0980-72-5350
(大神島自治会)
<Address>
〒 沖縄県宮古島市大神島

チエック!宮古島関連記事!


「宮古島」一覧へ戻る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*